スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やったものとかβとか

BF4のOβが今日で終わり。
そして発売が日本だけ1週間延期('A`)
詳細は言えないらしいですが、日本版だけっていう事は翻訳に問題があったのか
それとも今回は中国が舞台なので、国際的な何かで支障が出た部分があるのか…。
ともかく1週間延期で11/7発売。
ということはGE2の発売と1週間違いに…。
/(^o^)\ナンテコッタイ

キャンペーンをクリアしてからマルチを始めようと思っていましたが
GE2が出たらどんどんマルチ開始が遅くなって
武器のアンロックも遅くなって
ただでさえNoobなのに凄腕さんとの差が広まって…
\(^o^)/オワタですね。えぇ。確実に。

さて、Oβをやってみた感想ですが
ビークル操作が直感的になったので、私はやりやすくなった派。
BF3ではヘリを棺桶にしましたが、BF4では練習出来たのもあって結構好きなように動かせたから満足。

ただ、銃系がホントだめ。
オートエイムが強くなったとチラホラ聞くのだけれど、全然当たらんよ!!
エイムしてから微調整しようとするからダメなのか
オートエイムが強くなっても私自身がクソエイムだからダメなのか
こっちは何発当ててもダメなのに、やられるのは1撃っていうね。
なので、Oβは引き継ぎなしだったけれど、戦車とヘリはアンロックしたのに武器が全然アンロック出来ず。
まぁ、工兵でRPGとスティンガーばかり担いでたっていうのもあるけれど。

とにかく、操作系はBF3の時よりやりやすくなったかな。
スポットもよく誤爆PSホームをやらかしていたので、R2になってだいぶ楽。
応急箱や弾薬箱も投げたい人に向かって投げれば遠くまで飛ぶし。
あとは地味にエンブレム作成が楽しい。
フリーズが結構多くてPS3の寿命をガリガリ削ってる感があったから、それが改善されていれば良いかな。
PS4発売までPS3でやるしかないし…。
発売日遅れちゃったけど、楽しみです。



次はやったゲームやら、やってる途中ゲームやら

【クリア済・リタイア】
アナタヲユルサナイ(2007)


<あらすじ>
竹内理々子は、父親が設立した探偵事務所の調査員。真っ直ぐな性格から、仕事を仕事と割り切れずについつい暴走してしまい、職場の先輩でもある夫とはいつも大喧嘩となる。
そんなある日の朝突然、夫は別れを切り出し家を出て行ってしまう。
驚く理々子に、今度は父の失踪という不幸が襲いかかる。事務所の維持の為、探偵業務を行いながら父の捜索を始めるが‥。

アドベンチャーゲーム特集かなんかでPSストアで600円かな?そのくらいだったのでDL。
縦持ちして、発言者の様子を上から下まで観察して話を引き出すタイプのゲーム。
ほぼゲーム性なし。特殊報道部と同じ感じかな。
でも、あれまでイライラはしなかった。
けど、まぁ600円だったら…レベル。
探偵が黄色のFitに乗ってるのはどうかと思ったけど。

御神楽少女探偵団(1998)


<あらすじ>
大正後期から昭和初期の東京を舞台に「帝都一の名探偵」と言われた御神楽時人と、彼の助手である鹿瀬巴・久御山滋乃・桧垣千鶴の「御神楽少女探偵団」と呼ばれている3人の少女、及び時人の世話係である蘭丸の周りで次々と起こる難事件を解決していく

PS+で無料だったのでDL。
あまり期待していなかったけれど、結構面白かった。
ただ、探索範囲が狭いのと、犯人が分かりやすすぎてちょっと…。
15年前のゲームだし、まぁこんなものかという感じ。

DATURA(2012)

DATURA

PS3の配信のみのアドベンチャーゲーム
PS+で無料だったのでDL。
クソゲーオブザ私にノミネートさせて頂きたい。
ただそれだけの感想しかない。

シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~(2012)


PS+で無料だったのでDL。
クソゲーオブザ私にノミネートさせて頂きたい。
アトリエシリーズに30分で限界を感じる私がやるべきタイトルじゃなかった。
萌え豚以外は買ってはいけない。

モンスターハンター4(2013)


高低差とちょっとしたストーリー、拠点が変わる等面白いと思う。
操作性がクソ。とにかくクソ。カメラワークもクソ。オンラインもクソ。
というか、ただ単にモンハンに飽きが来てしまったのだと思うけれど、とにかく全てが苦痛。


【プレイ中】

ルミネス(2012)


PS+で無料だったのでDL。
パズルゲーだけれど、面白い。
色は2色だけで音楽によって落下速度が変わる。
30曲以上のエレクトロニカ系洋楽が入っているので、飽きない。
2色だけなのに、だけだから?簡単なように見えて結構難しい。

スプリットセカンド(2010)


某スレでオススメされていて、面白そうだったので購入。
これは面白い!かなり面白い!
レースゲームは単調すぎて好きじゃないのだけれど、コースを破壊すると別ルートが出来たり
前を走ってる数台を巻き込んで爆発させるのが快感。
グラフィックも綺麗だし、売れなかったというのが理解出来ないくらい良い出来。

レッドシーズプロファイル(2010)


これも某スレでオススメされていたので購入。
一時期クソゲーオブザイヤーにもノミネートされていたという
世界での評価がクソゲーと良ゲーと分かれ過ぎて
ギネス世界記録「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」として登録されているらしい。
私が買った時は普通の値段だったけれど、その後いきなり価格が2倍に上昇してる謎タイトル。

操作性がクソなのと、推理物だと思い込んで買ってしまった為
ホラーゲームが大嫌いなのに、開始早々に幽霊だかゾンビだか分からないものとのTPSで('A`)マジカヨ…状態。
嫌だなー嫌だなーと進めていたら、車を運転するのが楽しくなって車ゲーに変わりつつあるそんな状況。
現在、また幽霊と戦う事になってしまい放置中。

人間相手なら良いんだよ。幽霊とかゾンビとか卑怯じゃん。
あっちは失うものはなくヴァー!って襲えば良いだけなのに、こっちは限られた武器と命を賭けて戦うじゃん?
理不尽だから幽霊・ゾンビゲーは嫌いです。

rain(2013)
rain

正直、期待しすぎた感。
上記したように理不尽なのは嫌いなんだけど、rainはうまく隠れたり逃げたりがメインだよね。
と思ったら、敵がしつこい。しつこすぎる。
そして即死ゲー。
ナニコレ。ですよ。
せっかく良い雰囲気の街並みと雨なのに、散策なんて(ヾノ・∀・`)ムリムリ
ひたすらよく分からない奴から逃げる。そして即死。
もったいない。非常にもったいない。

運命の洞窟~The CAVE~(2013)
運命の洞窟

3人の人物を選んで、それぞれが持っている特殊能力を使いながら洞窟を進んで行き、その人物達の罪を見るというような内容。
程よい難易度とダークな世界が面白い。
銀河万丈さんがナレーターというか洞窟役だけれど、それがまた良い。
とりあえず登場人物達は身勝手過ぎるわ。

パペッティア(2013)


期待通りの面白さ。
操作は爽快感があるし、難易度もそこそこあり、ヘッド集めも楽しい。
2人プレイでワーキャー言いながらやった方が楽しいかも。
舞台劇?人形劇?を効果的に使っていて、かなり完成度が高いと思う。

以上!
スポンサーサイト
[ 2013/10/15 11:52 ] 感想 | TB(0) | CM(2)

カンファレンス見た感想

いよいよ始まったE3
とりあえず、MS、UBI、EA、SCEのカンファレンスは生放送で見てました。
あとはニンテンドーDirectも。
いやぁ、結構ワクワクするゲームが多かったですね。
お陰で寝不足です。

MSのXBOX ONEは安定のFPS、TPSがメインで$499
箱1

日本での発売時期は未定らしいですね。
独占ソフトで欲しい物は特にないし、大体がマルチ発売ソフトだから購入は無いかな。
ちょっとお値段お高めだし…。

やっぱり、私的には超気になっていたPS4
PS4

箱1と同じくらいかなーと思っていたら、$399!
日本での価格は発表されていないので、何とも言えないですが
安いじゃないか!と驚きと嬉しさでいっぱいですよ。
発売時期は年末商戦くらいかな?

マルチが有料にはなりましたが、微々たる金額だし全く問題なし。
PSN障害のあの時みたいな惨事が起きなければ。
PS3、vitaと共有出来るみたいだし、楽しみです。

あとは、開発がし易くなった事でインディーズゲームが増えるのが良いですね。
映画的なグラフィックを使用した大々的なソフトは、開発費用からどうしても大手になってしまうのは仕方がないけれど、グラフィックではなく中身・アイデアで勝負!というソフトが増えるのではないかな。と。
敷居が低くなれば、クリエイターも増えるだろうし、競争力も生まれるし、活性化するかな。

とりあえず、いわゆる次世代機は
XBOX ONEは海外 主にFPS・TPS PCゲー寄り
PS4は海外・国産 ジャンルあまり問わず
WiiUは国産 パーティー・子供&ライト層向け

と棲み分けが出来てる感じで良いですね。
箱1とPS4はだいぶ垣根というか区別が無くなって来てるけど。


とりあえず気になったトレーラー
↓↓
[ 2013/06/12 16:20 ] 感想 | TB(0) | CM(0)

多勢に無勢

GWも終わりましたね。
こんにちは。

さて、最近のプレイしているゲームですが
ルイージマンション2は、ラストの面を残して積みゲーになってしまいました。
ここでもラスト前症候群がっ!!
いや、かなり面白いんですけどね。
なんとなく達成感が出てしまい…。

そうそう、マルチも面白かったです。
ソフトを持っていない人とでも通信で出来るのでワーキャー言いながら楽しんでました。(過去形)

ルイージマンション2を積んだ後は、フリーゲームをちぎっては投げちぎっては投げをしていたのですが
BF3のPC版がタイムセールで500円だったので、とりあえず購入。
いやぁ、PS3より操作がしやすくて楽しい!

とりあえずキャンペーンを終わらせました。
マルチは日本鯖だけでやっていましたが、当然PS3のデータとPCのデータは同期出来ないので新兵からスタート。
Noob鯖やbeginner鯖でとりあえずアンロックしていくかなーと思ったら
鷲100の人が無双してるとかね…。ほんともうね…。
500円セールで買った初めての人もいるであろう鯖で無双とかね。空気嫁っていう話。
なので、もっぱらCOOPでポイント貯めしてます。
歩道橋の上でジャベリン撃ったら枠に当たって死んだけど

その後、気になっていたトゥームレイダーが高評価だったので購入。
トゥームレイダー
発売前から、スクエニが日本語版をボッたくってるというので話題になっていましたが
欧米版は安いのに、日本版は高いっていうのは結構ある話ですよね。
正直、腹立たしいですが仕方無いのかなという思いもありつつ。

さて、このトゥームレイダー
CERO Z なので18歳未満の方は購入出来ません。
CERO区分納得のグロさ。

今作はトゥームレイダーの主人公「ララ・クロフト」の最初の冒険のお話。
21歳の乙女です。
最初はお腹を満たすために鹿を狩って捌くのも「ごめんね」と言っていたララ。
襲撃されて、反撃して殺してしまった時にアワワワ…とやってしまった感で泣いてたララ。

あぁ。なんて可哀想なんだ。
21歳の若い子なのに(´;ω;`)ウッ…

と思っても、相手は手加減なく襲ってくるので手段とか関係ねー!殺られる前に殺るしかない!
と、バッタバッタと倒していくのですが、相手の手加減の無さが異常。
女の子1人に対して20人とか30人とか(適当)が襲ってくるとか無いわ。大人げないわ。
しかも、「なにもそんな殺し方しなくて良いじゃない!」という止めの刺し方…。

味方は集団行動してるし、襲われてなさそうだし、無理難題をララに言ってくるし
みんな寄ってたかって21歳の女の子に酷すぎ!!
まぁ、こういう経験で今の強いララになったのでしょうけど。

肝心のゲーム内容?ですが、PS3でやっているけれどグラフィックが綺麗です。
映画の主人公をそのまま動かしている感じで凄い。
画面も雨や滝など水が掛ると、雫が付くし
動物を捌いたり、近接で敵を倒すと血しぶきが付きます。

操作性も今のところ問題ないし、詰まったらヒントを光らせる事も出来る。
謎解きもアクションも面白いです。

が、どうもシューティング要素が多すぎるような。
最初はスニーキングで頭を使って色々出来たのに、中盤頃になると1vs20とかになるので頭を使うのも限界が。
周囲の物を上手く使えば…と思っても猛攻撃から逃れるのに必死過ぎて…。
BF3みたいに伏せ・中腰とかも操作出来ればいいのだけれど、武器を構えると棒立ちになってしまうのがねぇ…。

(´ε`;)ウーン…と唸りつつ、死にまくりながらもちょっとずつ進んでる今日この頃です。
[ 2013/05/11 16:12 ] 感想 | TB(0) | CM(0)

さようなら 教授

『レイトン教授と超文明Aの遺産』クリアしました!


チンタラやって26時間。
今作は「レイトン教授 最後の冒険」との事で、クリア後に出てくる次回作のムービーは第1作目の「レイトン教授と不思議な町」になっていました。

もう終わりなの?(´;ω;`)
教授帰って来て~!

というわけで感想。
[ 2013/03/21 14:17 ] 感想 | TB(0) | CM(0)

( ゚Д゚)_σ異議あり!!

あー。スポンサーサイト出てたわー。出ちゃってたわー。
明けましておめでとうございます。
もう1月も終わりですが…。

どうぶつの森で村長をするのが忙しかったり
年末年始仕事で14連勤だったり
インフルエンザにかかったり
そんな日々を送っていました。

というわけで、今日は『レイトン教授vs逆転裁判』をやったので感想。


LEVEL5のレイトン教授とCAPCOMの逆転裁判のコラボ作品ですが
思ったより、しっくりと融合されていた印象。
ストーリー展開は完璧レイトン教授になっていましたが…。

まず、肝心のストーリー。
レイトン教授らしい『魔法』と『物語が現実になる』という異世界に来ちゃったテヘペロ☆な感じです。
ストーリー自体は面白いのですが、伏線回収が雑。

そして、結構序盤に壮大なネタバレが出てくる。
それが「あーそうだったのかー!」とラストを見てスッキリ!という感じではなく
「ん?おかしくないか?」と違和感バリバリで、それを登場人物みんな、特に万能なレイトン教授が何も疑問に思わずにツッコミもなく、気付いた素振りもなくスルーしていた事に驚き。
ラストでも誰も突っ込まない。私だけがモヤモヤ。
こんなのダンガンロンパだったら、速攻ギルティでおしおきエンドですよ。

そして、レイトン教授、成歩堂君共に真実を明らかにする為に裁判をしているわけなのだけれど
ラストの裁判はいささか強引すぎるのではないかと…。
真実の為!真実の為!と大義名分を振りかざしてぶった切って行く様が
「うわっ!偽善者臭がプンプンするぜぇ!!」
と若干('A`)ヴァーとなりました。
いや、嘘です。結構('A`)ヴァーとなりました。

次に、謎解きパートと裁判パート。
裁判パートは今までにない、証人が複数いて、それぞれの証言からムジュンを見つけるとか、他者の証言中の反応で問い詰めるが出来るなど、面白い作りになっていたかと。
ただ、逆転裁判の醍醐味は検事と弁護士の一進一退の攻防という点だと思うのだけれど…あまりない。
検事がやたらと好意的。
ストーリー上致し方なかったのかもしれないけれど、逆転裁判好きだと物足りない。
更に、ラストの裁判は作業感がハンパ無い。
その作業感は会話をボタンで送るという、どうでも良い事だけれどスピード感というか臨場感というかなんというか…。
ダルぅ…と思いました。

謎解きパートは…
簡単。簡単すぎるよ…。なんだよこれ…。
ナゾ自体があっさり解ける仕様はコラボだからなのかなんなのか…。
更には、コインと隠れたナゾを探すのも、ゆとり仕様。
MAP移動する時にいくつ隠れているか、探したのはいくつかと表示されちゃう。
手ごたえが無さすぎワロタwwwですよ。本当。
レイトン教授のナゾはこんなものじゃないでしょ!!と。

とまぁ辛口な感じのコメントですが、それなりに楽しめた。
本当の問題は…『

レイトン教授とルークは、いつも通りの大泉洋さんと堀北真希さん。
この2人は安定感があるから良い。

真宵ちゃん役は今話題の桐谷美玲さん。
普通に受け入れられる。思ったより上手い。

問題は成歩堂君だよ。やっぱりだよ成歩堂君。
過去の記事でも書いたけれど、やっぱりだよ。予想的中だよ。
声質が合ってないのか、ずっと違和感。
最初から最後まで一貫して違和感。

そして滑舌が悪い。
サ行が特に酷い。

んでもって、成歩堂君は「~な」「~なぁ」という語尾が多いのだけれど
これが本当に酷い。酷過ぎる。
小学校の国語の授業で音読をさせられて、ちょっと頑張って感情込めて読みましたレベル。
映画で成歩堂の役をやったからと、安易なキャスティングはダメだよ!ホント!

総評は、コラボなのでどっちつかずというか、難易度が中途半端だったのが(´ε`;)ウーン…
逆転裁判を最後にやったのが2007年の逆転裁判4で、その後裁判系だとダンガンロンパをやったからか
テンポの悪さと難易度の低さが気になってしまったのが残念。

逆転裁判5もやる予定だったけれど、ちょっと保留かなぁ…。

レイトン教授の新作は、買いますけど。

[ 2013/01/29 03:45 ] 感想 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。